Tao Diary vol.1

はじめまして、鈴木啓子と申します。

Little Taoで氣功やアーユルヴェーダのワークショップなどを通じて、

東洋医学の面白さ、奥深さをお伝えしてゆきたいと思いっています。

さて、皆さんは氣功というとどんなイメージをお持ちでしょうか。

ひと昔前(もっと昔くらいかも?)は、

手から氣を出して相手をふっとばす、のような

アクロバティックな面が注目される時代もありました。

なんとなく中医学の体操の一種では、くらいに

思っている方もいらっしゃるかもしれません。

氣功は道教という中国の伝統的な哲学から生まれたもので、

その中心的な概念となる「道」=「Tao」とは

すべての命の根源的な真理を指しています。

このアトリエの名前にもなっている「Tao」とはそんな意味があるのですが、

この「道」を体得するために氣功(練丹術)を用いて、

不老不死の肉体を手に入れることを究極の理想としています。

「氣」という文字は

上の部分がたなびく雲=陽を表していて、

下の部分、米の文字が大地=陰を表しています。

中国の思想の中で欠かせない「陰陽」がひとつになった文字です。

この「氣」は、なんなのかと言うと「エネルギー」のことです。

氣功的な考え方では、この世の中に存在するすべての植物や動物、

鉱物、そして生命を持っていない物質も

すべてがエネルギーによってできていると考えます。

元氣(大元の氣)からエネルギーが集まることで「生」となり、

その氣が散じる、つまりエネルギーがなくなると「死」になります。

「死」の後は元氣に還ってゆく、と考えられています。

元氣は生まれる前です。と同時に死んでから後でもあります。

なかなか面白い生命観だとは思いませんか?

古代の人々は生命を通して、宇宙的な真理を探求していたのだと思います。

生命の誕生や死後のことなど、現代の科学で解明できている部分はそれほど多

くなく、

人智が及ばない部分が多い、壮大なものなのだろうと思います。

生命って面白いのです。